So-net無料ブログ作成

11月16日は [心に思うこと]

25年前の11月16日 29歳で弟がこの世を離れた。

11月3日に電話で

「お母さん いる?」

「いるよ」

「代わって」

「お」

この会話が最期の会話になってしまった。


電話の何時間か後にくも膜下出血により救急搬送され 

11月16日 午前1時11分に旅立った。


いつもと同じ明日が来ることを

疑ってみたこともなかった私は

来ない明日があるということが中々受け入れられなかった。


「死」について色々な本を読みあさった。

その中に魂のお話が書かれているものがあった。


輪廻転生 現世では、その魂の役割として必要なものが

全て得られたときに現世の卒業があり次の魂の準備が始まる。


その役割は長さではなく、その魂にとって必要な期間。

なので、母の胎内での何日間かが必要な場合

100歳を迎えられる方の場合と 夫々に異なる という


そっか  弟は29歳で現世での役割が終わって卒業できたのか。

次の役割に向かって準備が始まったんだね。

と 何かストンと私自身に落ちた感じがしました。

先日、恩師である衛藤信之先生の講座の中で

誕生の「誕」という漢字の意味は

『でたらめを言うこと。うそをつくこと。他人をだますこと』

誕生とは人をだまして生きること。


亡くなった日の命日とは命(いのち)の日

亡くなった日なのに いのちの日。


亡くなられる前を生前

生きてきた人生を生きる前


というお話があった。

人間は母の体内から現世に来るとき

大きな変化を得て生まれてくる。

そして、肉体の役割が終わっって次のステージに向かう時

ま変化がた大きな変化を受ける

そんなことが漢字に表れているように感じる。


いま私たちは役割を与えられて存在しているのかもしれない。

そして、同じ明日が来る保証は何もにない。




゚・:,。[ハート]゚・:,。?゚・:,。[ハート]゚・:,。?゚・:,。[ハート]゚・:,。?゚・:,。゚



お問い合わせ・ご予約はメールにてお願いいたします。

詳細をご連絡させていただきます。

nico.mwmay@gmail.com


*恵比寿・町田から可能なエリアの出張セラピーも行っています。
(交通費はご負担下さい)



*10名以上の団体(PTA企画・ママさんサークルなど)のセラピーにつきましては

料金を別途ご相談ください。



恵比寿カラー&アロマセラピースクール


女性の為の癒しルーム恵比寿カウンセリングサロン

国際コミュニケーションセラピスト協会

各講座の受講生の声は、こちら(*^^)v



゚・:,。[ハート]゚・:,。?゚・:,。[ハート]゚・:,。?゚・:,。[ハート]゚・:,。?゚・:,。゚


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © セラピーカウンセリング『心に耳を傾ける』 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
TV電話

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。